PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« Natural Mystic / Bob Marley | トップページ | 資本主義と環境問題 »

2005年8月23日 (火)

ディジュリドゥ

先日「素敵な宇宙船地球号」でオーストラリアの先住民、アボリジニが「ブッシュファイア」と呼ばれる山焼きの手法を使って、逆に大きな山火事から森を守っているという回の音効を担当しました。(放送は9月末〜10月初旬)それでアボリジニの伝統楽器、「ディジュリドゥ」の音楽をいろいろ聴いたのですが、ハマりましたよ(笑)。

なんというかなあ、あれは厳密に言うと「音楽」じゃないな。管楽器なのに音程が変えられないんだから、ある意味では楽器として成立してない。そうではなくて、あれは「音響ヒーリング」なんだと思います。だからただひたすらあの単調な音に身をゆだねれば良い。中でも僕がよく聴いてるのが上記のアルバムなんだけど、大音量で聴いていると、ふわーっと意識がどこかに飛んでいきそうになります。ナチュラル・ハイとでも言うのかな。今にも幽体離脱しそうな、あっちの世界に魂が吸い込まれるような…(笑)。そう、ヘミシンクを聴いてる時の感覚に近いかも。

コツはヘッドホンを使わずに、出来るだけ高音質のスピーカーで大音量で聴くこと。低音がしっかり鳴るスピーカーが望ましいと思います。ミニコンポやラジカセ(死語か?)のような小さなスピーカーだと効果が薄いかもしれません。と言うのは、ディジュリドゥは聴くというよりも、体全体に響かせて「体感する」ものだと思うからです。これはストレス解消にも、なかなかいいかもしれませんよ。

« Natural Mystic / Bob Marley | トップページ | 資本主義と環境問題 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797257

この記事へのトラックバック一覧です: ディジュリドゥ:

« Natural Mystic / Bob Marley | トップページ | 資本主義と環境問題 »