PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2005年7月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年8月

2005年8月28日 (日)

資本主義と環境問題

最近改めて環境問題について考えることが多くなりました。それで思うのは、環境問題の深刻さについてあまりにも世間一般の認知度が低いということです。その理由は、誰かがマスコミ通じて環境問題について本当のことを言おうとすると、「消費してくれなければ成り立たない企業」が圧力をかけるせいでしょう。では「本当のこと」とは何か?一言で言えば、このまま人類全体が経済的豊かさ、資本主義的繁栄をどこまでも追い求めていけば、もうすぐ地球はパンクする…ということです。

例えば温暖化の問題一つとっても、1997年の温暖化防止京都会議では、先進国全体で約5%の温暖化ガスを減らすことが決められましたが、実際には温暖化を防止するためには地球全体で60〜80%の温暖化ガスの排出削減が必要です(国連IPCC報告書)。途上国の100倍以上のCO2を出している日本は91%、アメリカは96%の削減が必要です。現在、EU(欧州連合)は削減目標を40%と大幅に引き上げ、ドイツやイギリスなどは既に約10%〜20%の削減をしています。(それでもまだ解決にはほど遠いですが)しかし、日本の削減目標はわずか6%。しかも現状は1997年の京都会議の時点から現在までに逆に8%増加しています。

簡単に言えば、いわゆる「持続可能な社会」を実現するためには、日本は昭和30年代のレベルにまで経済の規模、エネルギー消費のレベルを下げなければ、温暖化を止めることは出来ません。これは小手先の対策、技術革新とか自然エネルギーの推進ぐらいではとてもじゃないが達成できません。かといって資本主義の経済原理の中にどっぷり浸って生きている我々日本人が、自主的に現在の豊かさを捨て、昭和30年代の生活レベルに戻ることが出来るでしょうか?まあ、かなり非現実的でしょうね。(僕だって多分そこまでは出来ません(^^;)。)

じゃあどうするんだ?…ということになりますが、僕なりの結論としては「それ以前に資本主義が崩壊する」ということが最も現実性のあるシナリオではないかと思います。郵政法案の話題を取り上げたときにも書きましたが、今の日本の国の借金は現時点で既に750兆円以上。個人に例えるなら、年収400万円の人が7500万円借金しているのに等しい額です。しかも借金を返すどころか、さらに年収と同じぐらいの額の借金を、毎年毎年上乗せしている状態。日本は破産寸前なのです。しかもアメリカの財政は日本に輪をかけてひどい状態です。世界のGDP1位と2位の国がこんな状態なのですから、もう資本主義そのものが限界に来てると言えるのではないでしょうか。日本とアメリカが経済破綻を起こせば、事実上それが資本主義の終焉でしょう。

おそらく遠くない将来、かつて15年ほど前に共産主義が世界中で連鎖崩壊したように、資本主義という社会の仕組みも崩壊して世界から消滅してしまうのではないでしょうか?むしろ早くそうなった方が、地球は救われると僕は大まじめに思うのですが、みなさんはどう思いますか?そのあとにどんな社会を築くのか、ということが問題ですが…。

逆に言えば、このまま資本主義の原理で世界が動きつづけ、世界中の人間がもっと、豊かに、もっと金持ちに、もっと便利で快適に…を追求しつづけたとしたら、いよいよ環境破壊は取り返しのつかないところまで進行し、映画「デイ・アフター・トゥモロー」のような壊滅的な事態になりかねません。痛み止めの薬で病気をごまかしてるうちに、手遅れになるようなものです。明日にもそれが起こっても、何の不思議もない。そうなるよりは、資本主義が先に崩壊してしまった方が、僕は遥かにましだと思います。もちろん郵政民営化がどうの、なんて話とは比較にならないほど、社会は一時大混乱に陥るでしょうけど、地球を守るためには最後はそれしかないのではないか、という気がします。

あの映画「デイ・アフター・トゥモロー」では地球規模の巨大な天変地異のあと、生き残った人類が復興に立ち上がる、という希望を持たせたエンディングになっていますが、もし本当にあのような事態になったら、真に怖いのはその後に予想される食料危機でしょう。世界中の農地がほとんどダメになるでしょうからね。

食料危機と言えば、先進国の中で一番食料危機に弱いのは間違いなく日本です。なんせ食料自給率が40%しかなく、先進国中ダントツ最下位ですから。食料の輸入が止まり、国内の農地も大半が大打撃を受けたとすれば、まあ日本人の半分は餓死かな。それでいて、今の日本は大量の食料を輸入し、そのうち3000万人分の食料を毎日捨てている残飯大国でもあります。これも世界ワースト一位だそうです。毎日大量の食料を輸入し、そのうちの大半を捨てているという奇妙な国…それが日本です。日本が毎日捨ててる食料を、貧しい国に届けることが出来れば、それだけで世界の飢餓問題はたちまち解決すると言うのに…。こんなことがいつまでも続く方がおかしいと思いませんか?

もし食料の奪い合いで戦争、ということにでもなれば、イラク戦争どころでは済まないでしょうね。エネルギーや資源や富の奪い合いなら即命に関わることはありませんが、食料が無くなれば明日にも死ぬかもしれないわけですから。

ガイア仮説」を紹介したときに「人間は地球にとってガン細胞のような存在になりつつあるのかもしれない」と言いました。人間がガン細胞を外科手術で切り取るように、人間が地球にとっての「ガン細胞」になってしまったら、地球が人間を排除しようとすることはごく自然なことでしょう。昨年来の台風の異常な多さ、スマトラ沖をはじめとする大地震の頻発、さらにこのところ異常に増えた飛行機事故等々…一部でいわれているカタストロフィの時代…すなわち地球が外科手術で人間を排除しようとする時代がじわじわと始まってるようにも思えます。それなのに相変わらず人間は資本主義の原理に基づいたマネーゲームに狂奔しています。まるで沈み行くタイタニック号の上でパーティに興じていた乗客のように。

いたずらに恐怖をあおるつもりはありませんが、少なくとも科学的な根拠に基づいた環境問題の深刻さについては、もっと本当のことを多くの人に知ってもらう必要があるでしょう。「自分はガンだ」と知らなければ、手遅れにならないうちに適切な治療が出来ないように、本当のことを知らなければ適切な行動をとることは出来ません。そうした意識改革が人類全体に行き渡るのが早いか、決定的な破綻が起こるのが早いか…時間との勝負ではないでしょうか。

つい先日も、朝日新聞に「『台風ラッシュ』今年も? この1週間で3つ目発生」という記事が出てました。温暖化が進めば海水温も上昇し、その分だけ強力な台風が多発する…ごく当然の結果です。おそらく今後エスカレートする一方なのでは?

2005年8月23日 (火)

ディジュリドゥ

先日「素敵な宇宙船地球号」でオーストラリアの先住民、アボリジニが「ブッシュファイア」と呼ばれる山焼きの手法を使って、逆に大きな山火事から森を守っているという回の音効を担当しました。(放送は9月末〜10月初旬)それでアボリジニの伝統楽器、「ディジュリドゥ」の音楽をいろいろ聴いたのですが、ハマりましたよ(笑)。

なんというかなあ、あれは厳密に言うと「音楽」じゃないな。管楽器なのに音程が変えられないんだから、ある意味では楽器として成立してない。そうではなくて、あれは「音響ヒーリング」なんだと思います。だからただひたすらあの単調な音に身をゆだねれば良い。中でも僕がよく聴いてるのが上記のアルバムなんだけど、大音量で聴いていると、ふわーっと意識がどこかに飛んでいきそうになります。ナチュラル・ハイとでも言うのかな。今にも幽体離脱しそうな、あっちの世界に魂が吸い込まれるような…(笑)。そう、ヘミシンクを聴いてる時の感覚に近いかも。

コツはヘッドホンを使わずに、出来るだけ高音質のスピーカーで大音量で聴くこと。低音がしっかり鳴るスピーカーが望ましいと思います。ミニコンポやラジカセ(死語か?)のような小さなスピーカーだと効果が薄いかもしれません。と言うのは、ディジュリドゥは聴くというよりも、体全体に響かせて「体感する」ものだと思うからです。これはストレス解消にも、なかなかいいかもしれませんよ。

2005年8月11日 (木)

Natural Mystic / Bob Marley

今日山川健一さんと言う人の書いた「オーラが見える毎日 〜ソウルメイトの果てしない旅〜」という本を読んでいた。(残念ながら既に絶版となっていたので、AMAZONで古本を入手。)山川さんはベテランの作家だけど、同時にMacマニア、ロックンロールマニア、カーマニアとしても有名な人。この本は'94年頃から突然オーラが見えるようになった、という山川氏の体験から始まる神秘的な世界を扱ったものだけど、随所にMacの話やロックの話が出てくる。僕とは基本的にすごく趣味が合う人です。ちなみに山川氏流のメディテーション(瞑想)はピンク・フロイドを聴きながらやるのが最高なんだとか。

この本の中にレゲエの神様、ボブ・マーレィの話が出て来ます。 曰く「その声には、人々の悲しみや絶望や虚無感を癒す力がある。ボブ・マーレィのこの声は、特別なんだ。ヒーリング・エナジーとでも言うしかないパワーが込められているのさ。僕が現在一番好きなボブ・マーレィの曲は<ナチュラル・ミスティック>だよ。もちろん部屋で聴くこともあるけど、海辺にいる時なんかに、この曲が頭の中で鳴りつづけて止まらないことがある。歌詞も、もちろん全部覚えてる」…と紹介されている。

レゲエにはあまりなじみがなかった僕は、どれどれ、とiTunes Music Storeで検索…あった、あった。で、早速購入。…おお、何とも言えない、浮遊感。季節的にもぴったりですね。歌詞も「世界には自然の神秘があふれてるんだよ、耳を澄ましてごらん…」って感じで、大いに共感できる。

D3dd932bde1fb813727fb7e3d63e7e70
    Natural Mystic

There's a natural mystic blowing through the air;
If you listen carefully now you will hear.
This could be the first trumpet, might as well be the last:
Many more will have to suffer,
Many more will have to die  don't ask me why.

Things are not the way they used to be,
I won't tell no lie;
One and all got to face reality now.
Though I've tried to find the answer to all the questions they ask.
Though I know it's impossible to go livin' through the past
Don't tell no lie.

こんな風にふと興味を持った曲を、数分後には聴けるのがネット配信の一番いいところですね。ただ、まだまだ検索しても出てこない曲が多いのも事実で、Appleにはさらなるラインナップの充実を目指してもらいたいところです。

Download iTunes
Download iTunes!

2005年8月10日 (水)

スイカの芽

31019a2a36e14cd376f33f6114b560de ここしばらくスイカを食べ続けてますが、さっきキッチンの排水口を見てびっくり。なんか白くて細長いものが見えるな、と思ったら、なんとそこに引っかかっていたスイカの種が芽を出してこんなに長く成長していたのでした。いつの間に…(^^;)。

スイカの種から芽が出てるとこなんて、初めて見ました。当たり前ですが、ちゃんと生きてるんですねえ。捨てるのは忍びないので、うちの猫の額ほどの裏庭に植えてやりましたが…うまくすれば来年スイカが収穫できたりするんだろうか(笑)?しばらく毎日水やってみよう。

2005年8月 7日 (日)

郵政民営化法案

郵政法案、否決強まる 首相、即日解散断行の構え(朝日新聞)

久々の政治ネタです。いよいよ本日8日にも郵政法案の採決が参議院でとられるらしい。否決ならば小泉首相は即解散の構え。僕自身は郵政民営化それ自体には、実はそれほど強い関心はないです(^^;)。ただ郵貯が無駄な公共事業などの財源になってるというから、その構造にストップをかける必要はあると思う。そのためには郵政民営化しかないというならそれもよし、民営化以外に有効な手段があるというのならそれでもいい。とにかく無駄遣いをやめること!それが第一でそこをキッチリやらずして増税なんて本末転倒。今の日本の国の借金はなんと750兆円以上。これは個人に例えるなら、年収400万円(国の税収40兆円)の人が7500万円借金している(国の借金750兆円)のに等しいのです。 しかも借金を返すどころか、さらに年収と同じぐらいの額のお金を、毎年毎年サラ金から借り続けてる。(国の借金は1年で数十兆ずつ増え続けてる。)日本は破産寸前なのです。悠長なことを言ってる場合ではない。例えて言うなら「アル中の人がさらに酒を飲み続けることによって現実逃避している」とでも言うのが、今の日本の現状でしょう。このままでは命に関わる。

郵政民営化が可決されるか否決されるかで量れるのは、現在の政権与党に行政改革を断行する意志と能力があるのかないのか、ということ。否決なら現政権が続く限り改革はかけ声ばかりで結局は現状維持、小手先の改革しか出来ずに根本的にはなにも変らない、変れないということでしょう。ならばショック療法しかない。政権交代です。ではその受け皿としての民主党が頼りになるかと言えば、まあそうとも言えないかもしれない(^^;)。でも、現状維持よりは遥かにまし。国民がその気になれば政治家なんて吹っ飛ぶんだぞ、というところを今の政権与党に一度認識してもらわなければならないでしょう。とにかく「変化させること」が今一番必要だと思います。

小泉首相が総裁選のときに言ってたことを皆さん覚えていますか?「改革を断行できなければ、私自身がこの手で自民党をぶっ壊します」と彼は言い、首相になった。今こそ小泉さんは初志を貫徹してもらいたい。郵政法案否決なら、約束通り自民党をぶっ壊してください。それこそが最良の選択でしょう。小泉首相がとって来た政策は僕自身はどちらかというと支持できないことの方が多かったけど、最後にそれをやってくれれば、それに関しては熱烈に支持します!そして総選挙、政権交代。これしかないと思います。

2005年8月 5日 (金)

The Complete U2

E3d38e95f4159ee12d1b565725f17024
The Complete U2

iTunes Music Store"The Complete U2"を購入しました。 これはAppleが「デジタル・ボックスセット」と呼んでいるもので、全446曲。トータルの演奏時間は35時間以上という、とんでもない代物です。さすがにこんなものをCDでリリースするのはちょっと無理でしょう。(出すとしたら、35枚組(^^;)!?)ネット配信ならではの企画と言えるでしょうね。それだけの膨大な楽曲でも、容量にしたら約2GB。僕のiPodは容量60GBですから、そのわずか1/30でしかありません。

収録曲のうちの約半分はCDとして既に発売されているもので、残りが未発表のライブ音源、アウトテイク、デモバージョンなど。とにかく現存するU2の音源を全てかき集めました、という感じのものです。もちろん、CD化されていないものはiTMSでこれを買わなければ聴くことは出来ません。ボーカルのボノは「まるで自分の人生の歴史を見ているようだ」と言ったとか。僕は1983年発売の"War"の頃からのU2ファンだけど、U2のメンバーってだいたい僕と同い年なので、余計に親近感を覚えます。初めて聴いたころはここまでビッグな存在になるとは思ってませんでしたが…。同世代でリアルタイムで体験して来た音楽って、久しぶりに聴くとその曲が出た当時の自分の思い出が蘇ったりしますよね。僕にとってはU2ってそういうバンドです。

昨日買ったばっかりなので、当然まだ全部を通して聴いたわけではありませんが、デビュー当時の頃の曲は初々しい音ですねえ(^^)。当然今と比べれば稚拙なんだけど、それでも最初から「U2の音」を出してる。デビューが1980年だから今年でちょうど四半世紀。その間にいろいろサウンドは変遷してるんだけど、それでいて「U2ならではの音」は一貫して存在する。このオンリーワンの強力な個性があるからこれまで第一線でやって来れたんでしょうね。

"War"以前の初期の曲は僕はアナログのレコードしか持っておらず、レコードプレーヤーはすでに廃棄してしまったので、その辺の曲を聴くのは多分十数年ぶり。僕にとってはこの辺の作品って、"War"以降に比べると、それほど思い入れはありませんでしたが、でも時々ふと思い出して聴きたくなるんですよね、でも忙しさに追われてそのうち忘れてしまって、結局CD買い直してまでは聴かない、というのが今までよくあるパターンだったんです。それほどメジャーじゃない作品の場合、大きなショップに電車に乗って出かけていかないと在庫が無い、ということもありがちだし、そうするとますますハードルは高くなる。AMAZONみたいな通販を使うという手もあるけど、1500円以上買わないと送料が余計にかかってしまう、注文してか聴けるまで数日は待たされる、という別の意味でのハードルがあります。

その点iTMSに代表されるネット配信は「欲しい!」と思った数分後には曲を入手できる、という大きなメリットがあります。もしネット配信が無かったら、もしかするとこのへんの初期のアルバムを僕は死ぬまで買わなかったかもしれません(笑)。同じパターンでピンク・フロイドの「原子心母」と「おせっかい」も買いました。しかもこのような古い作品の場合、アルバム価格で900円と格安。iTMSは忘れていた音楽体験を掘り起こしてくれるツールとしてもとても有効のようですね。

Download iTunes
Download iTunes!

2005年8月 4日 (木)

日本版iTunes Music Store、ついにスタート!

Indextopmac20050804
ついに日本版iTunes Music Storeがスタートしましたね〜。

アップル、日本で音楽配信事業開始を発表(朝日新聞)
ジョブズ氏来日――「iTMSJは日本のためにつくられた」(ITmedia)
遂にiTMSオープン!会場の興奮を速報で届けたその裏側で……(iPod情報局)
アップルのナンバー2が語る音楽サービス成功への自信(CNET Japan)

なんといきなり100万曲の品揃えでスタート。国内最大手だったモーラは15万曲だそうですから、最初から圧倒的ですね。価格も90%の曲は1曲150円、それ以外が200円ということなので、まあ頑張った方でしょう。日本のCDの高さを考えると、アメリカの99セント(約110円)と差があるのはまあ仕方ないか、というところ。やはりと言うか、ソニーミュージック(SME)はとりあえず不参加です(^^;)。いつまで我慢できるかな(笑)?iTMSはバカ売れ、モーラは相変わらず鳴かず飛ばず、と言うことであれば時間の問題でしょう。ソニーが自社フォーマット(ATRAC3)と自ら音頭をとって立ち上げたモーラを見捨ててアップルの軍門に下れば「勝負あった」と言えますね。

さて、僕も早速曲を購入してみました。先日ピンクフロイド復活で話題になったLive 8の音源から、ポール・マッカートニーとU2が共演したもの、それと昨年アメリカ版iTMSでブレイクして話題になった布袋寅泰の「エレクトリック・サムライ」をゲット。お〜、この操作性の良さはさすがアップル。あっという間にiPodにも転送できてしまいました。音質もこの2つを聴く限りはCDとほぼ遜色の無いレベルと言えそうです。

ただ、スタートしたばかりのせいか、ちょっとiTMSのシステムの安定性に問題があるみたい。何度か誤動作みたいな「?」な反応の時があって、操作をやり直したことがありました。あと、ダウンロードのスピードも速いとは言えない。特にU2のコンプリート・ボックスセットというのを買おうとしたのですが、何度やってもエラーが出てしまうためにとりあえず時間をおいてからトライすることにしました。まだシステムにバグが多いのか、あるいはスタートしたばかりでアクセスが集中し、処理しきれてないのか…?ま、いずれ安定するでしょう。

« 2005年7月 | トップページ | 2005年10月 »