PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 量子力学 | トップページ | 盛者必衰の理 »

2005年6月 7日 (火)

インテルCPUへの移行を正式発表

567a16b9b6a5b5db5d2c72c14b520ba3 噂は本当でした。MacのCPUがIBMのPowerPCからインテルプロセッサに移行することがWWDC2005の基調講演で正式に発表されました。インテルチップを乗せたMacは来年(2006年)から登場し、インテルチップへの移行は2年間(2007年内まで)で完了する予定とのこと。Mac OS Xは、すでにインテル向けにコンパイルされていて、なんとこの時の会場デモでは、全てペンティアム4の3.6GHzを使用したインテル版Macで動いていたらしいです。インテル版Macに対応させるためのアプリケーションの修正は、ココアでは数日程度、カーボンでは、数週間かかるという見込み。会場では数学ソフト「マセマティカ」のインテル版が既に動く状態でデモされた。移植は2時間で終了したとのこと。さらにエミュレーション・レイヤー「ロゼッタ」というソフトで、PowerPC版のアプリケーションが、インテル版Macで動く。実際にクイッケン、エクセル、フォトショップをデモし、これらのアプリケーションは、PowerPC版だが、インテル版Macで動作することを示した。

プレスリリース
WWDC2005基調講演ウェブキャスト
アップルがインテル製MPU採用へ 07年に全転換 (asahi.com)
S・ジョブズ、認めるアップルのインテルチップ採用が確定 (CNET News)
現実となった「Intelスイッチ」、一部アナリストは疑問視 (ITmedia News)
MacへのIntel製CPU搭載をジョブズCEOが宣言 (PC Watch)
Intelベースに移行するMac OS Xへの希望 (PC Watch)

※その他の発表
・iTMSで4億3,000万曲以上がダウンロードされる。
・iTunesにポッドキャスティングのサポートを追加。
・iPodは前四半期に1,600万台を販売、音楽プレーヤー市場で76%のシェア。
・Windows版QuickTime 7、本日配布。
・次期Mac OS Xは"Leopard"

Steve Jobs Appe CEOは、Mac OS Xについて「過去5年にわたって隠された歩みがあった」と語り、水面下でずっとインテル系CPUへの移植の可能性を探っていたことを明かしました。僕が予想したWindowsアプリの実行環境の搭載についてですが、上記CNETのリンク記事「S・ジョブズ、認めるアップルのインテルチップ採用が確定」のなかで次のような記述があります。

 Jobsのプレゼンテーション後、AppleのシニアバイスプレジデントPhil SchillerがMac上でWindowsを動かす問題について説明を行った。同氏によると、AppleではIntelチップを搭載したMac向けにWindowsを販売/サポートする計画はないという。

 「これは、サードパーティーがそうすることを妨げるものではない。おそらくどこかが対応してくるだろうが、われわれがそれを邪魔するようなことはない」(Schiller)

 しかし、Schillerは、他のコンピュータメーカーのハードウェア上でMac OS Xを動かせるようにする計画は同社にはないと言明した。「AppleのMac以外でMac OS Xを動かすことは認めない」(Schiller)

どうやら僕の予想はほぼ当たったようです。AppleがWinの実行環境を積極的にサポートすることはないものの、これは事実上インテル版Macの上でWindowsは問題なく動作すると宣言しているのも同然でしょう。

« 量子力学 | トップページ | 盛者必衰の理 »

Apple」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797247

この記事へのトラックバック一覧です: インテルCPUへの移行を正式発表:

« 量子力学 | トップページ | 盛者必衰の理 »