PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 寄生獣 | トップページ | インテルCPUへの移行を正式発表 »

2005年5月26日 (木)

量子力学

先日「想念というのは『原因の世界』にアクセスする一つの手段なのです。マイナスの想念はマイナスの『原因』を作り、やがてこの世にマイナスの『結果』として現れます」と書きました。つまり一言で言えば「思考は現実化する」ということです。世界中のあらゆる宗教で「祈り」という行為があるのもそのためです。実は、これは既に科学的に証明された事実でした。そのことを明らかにしたのが、「量子力学」という学問です。

量子力学が明らかにした真実。それは、私たちが現実と思ってるものは、「意識」という名の映写機がスクリーンに映し出した映像のようなものに過ぎない、ということです。ちょうど映画「マトリックス」のような立体映像、超サラウンド音響、さらには触覚、嗅覚、味覚付きで、完全インタラクティブなバーチャル・シアター・ゲーム…それを「肉体」という名のボディスーツを着てプレイしてる。それが私たちが住んでいるこの世の本当の現実。しかもこのバーチャル・シアター・ゲームは、「意識」というアイテムをチューニングすると、ゲームの設定、条件、ステージが変ったりする。映画「マトリックス」では巨大コンピューターが人間の意識を操ってるという設定でしたが、私たちが住んでる現実世界は、逆に私たちの意識が全ての現実を操り、創造してるのです…。

素粒子の世界では、何もない空間から突然粒子が現れたり、消えたりします。観察者の「意図」に従って素粒子が振る舞ったりします。つまり観察者の主観を抜きにした客観的な観察なんてできない、ということです。1927年にハイゼンベルクと言う学者が「不確定性原理」を発表しました。ハイゼンベルクは素粒子の研究で「対象を観察する事自体が、粒子の状態に影響を与えてしまう」ことを発見したのです。つまり我々の主観/信念が物理的実体に作用することが初めて科学的に確認されました。その後発達した量子力学的宇宙論では、一言で言えば「人類がいるから宇宙があるのだ」という説まで現れています。「太陽も月も、私がそれを観測した時だけその存在は事実となる」「人類の意思そのものが直接的宇宙誕生の瞬間の初期条件を決定した」…というのです。こういう考え方は「人間原理宇宙論」と言うそうですが、いまや現代宇宙論の一つとして多くの科学者に支持されているそうです。

つまり、客観的な「現実」なんてどこにもない。現実は常に主観的なものでしかあり得ない。60億の人間がいれば、60億通りの現実があるということです。端的に言えば、例えば今僕の目の前にマグカップがある。このマグカップを存在させている根源は何か?それは「ここにマグカップがある」と信じている僕の意識。もし誰もマグカップがあることを認識しなければ、マグカップは消滅する。そこにマグカップがあることを誰も疑わないので、マグカップが確固として「実在」しているように見えるだけなんです。私たちは五感を使って「客観的事実」をみて、世界を認識しているのではない。私たちの「意識」がまずあり、それに従った現実があとから作られる。それが量子力学が明らかにしたこの世界の真実なのです。

こういう話を初めて聞いた方は、「そんな馬鹿な」とびっくりするかもしれません。でも、これはどこかの怪しい宗教の話でもなく、哲学的な観念論でもありません。科学的真実なのです。だから、何かを実現したければまず自分の意識をシフトさせなければ何も始まりません。「そんなこと無理だ」「できっこない」と思っていれば絶対に実現しない。その「できない」という意識が現実を作るからです。何かを成し遂げようと思ったら、意識を変え、「原因の世界」にアクセスしなければ何も始まりません。※参考図書

死後の世界を突きとめた量子力学―超ミクロの空間は「意志」に満ちた「霊界の宇宙(うみ)」だった
徳間書店
コンノ ケンイチ
このアイテムの詳細を見る

ヒーリング・ハイ―オーラ体験と精神世界
早川書房
山川 健一
このアイテムの詳細を見る

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

« 寄生獣 | トップページ | インテルCPUへの移行を正式発表 »

科学」カテゴリの記事

コメント

な・なんとも…深い…
意識がまずあり それに従った現実が
あとから作られる 思考は現実化する
 うーん 深い… ゛(`ヘ´)

だからどんな現実も、例え病気や不幸な出来事や、逆境の中にあっても、
「これは自分で望んだことなんだ、自分で選んだことなんだ」と受け入れる
ことが重要だと思います。「降り掛かってきた災難」だと思うと、いつまでも
それに振り回されることになります。

その上でいかに自分の心を調律するか。それが鍵だと思います。

子龍に発言にこころのそこから共感するのは初めてかも。今回は発言の細部に渡って共感できた。
ところで森田さんの言う「原因の世界」とは、夢見の意識のことなんだろうか。すると断明と深く関わるが……。ま、読んでみないと始まらないってことか。
ありがとう、子龍。(^L~)

平たく言えば「あの世」「霊界」「死後の世界」のこと。
人間は眠ってる間に体外離脱して死後の世界にアクセスしてるというから、もちろん眠りとも関係がある。森田さんはこの世を「結果の世界」と言っていて、「『結果の世界』だけであれこれ努力しても限界がある、何かを変えたければ『原因の世界』を変えなければ、『結果』は変らない」と言ってます。

こんにちは。
トラバありがとうございます♪
私も今、森田さんのレポートなどを読んでいました。
日記、詳しいですね。
また来させていただきます♪

どもども、わざわざありがとうございます。
赤い風船さんのブログにもコメント書こうとしたんですが、会員登録しないダメとか言われてあきらめました(^^;)。いつもブログ拝見してます。今後ともよろしくどうぞ…。

初めまして、蓑虫と申します。
意識が現実を造るという考え方は仏教の唯識論にも表れています。確かに人間は自分の主観を通してしか世界を見ることが出来ません。しかし、この意識とはなになんでしょう?この意識について、科学的にはまだ何も判ってはいないのではないでしょうか。判っていないことを根拠に宇宙の全てを説明するのは早計過ぎませんか。量子力学もまだ発展途上なのであって、宇宙の全てを説明できる究極の理論には達していません。現在の理論が覆ることだってあり得ることだと思います。

蓑虫さん、初めまして。
科学的に証明されたこと以外は真実ではない、という前提に立つならおっしゃるとおりですね。ただ、蓑虫さんもおっしゃる通り、こういう世界観は宗教(特に仏教やヒンドゥー教)では何千年も前からごく当たり前のものだったりします。最先端科学がようやく数千年遅れで宗教の世界観の裾野に追いついた、という風に言えるんではないでしょうか。
よーく考えてみると分かりますが、「客観的な事実はどこにも無い」ということは、「科学的な証明」も基本的にあてにならないということですよね。実験者の主観によって結果が変るのですから。量子論の権威、デビッド・ボームは「真実を知りたければ科学では分からない。瞑想しかない」と言ったそうです。現実、物質、科学…こうしたものは全て幻想に過ぎません。ヒンドゥーではこれらのことをマーヤー(幻)と言ってます。だからこそ意識が変われば現実が変る。「意識」こそがこの世の唯一の実体、と言ってもいいのではないでしょうか。
そして「意識とは何か?」という問題ですが、これこそが古来から「神」と呼ばれて来たものなんです。つまり、この世界の根源です。我々人間も意識を持ってるということは、神の一部であるということです。神と人間の関係はスーパーコンピュータ(神)とそれにつながった端末のパソコン(人間)に似ています。我々は普段その「パソコン」の部分だけを自分だと思っていますが、本当はスーパーコンピュータ(神)につながっていて、それを好きなように使えるんです。古来からそのことに目覚め、神(スーパーコンピュータ)と一体になり、神のごとき叡智、能力を自由に使えるようになった人を「覚者」「悟った人」「解脱者」「アヴァター」などと呼んできたわけです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797246

この記事へのトラックバック一覧です: 量子力学:

» 古典科学と量子論 [ワンダー赤い風船]
古典科学と量子論99%の科学者が信奉する古典科学と1%の最先端科学者の量子論ヒマラヤ密教のある会議室には、長テーブルと12個のイスがある。その建物の入り口は幅5cmのすき間だけだ。他にドアなどは一切ない。そのすき間を通り抜けられる人しか中へ入れない。つまり、12... [続きを読む]

« 寄生獣 | トップページ | インテルCPUへの移行を正式発表 »