PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 私にとってオウムとは何だったのか | トップページ | Mac OS X "Tiger" ファースト・インプレッション »

2005年4月25日 (月)

T.C. electronic Master X5

18c53c558c4a2644b69ac7787aa16b40 TC PowerCore用のプラグイン・エフェクトMaster X5を購入しました。いわゆるマルチバンド・コンプレッサーです。現在、昨年から予告しつつもなかなか完成しないニューアルバムのリミックス&マスタリング作業をやっていますが、その仕上げに使うためです。

いや〜。これは素晴らしい!最終の2ミックスになった段階で通すのですが、ただ通すだけで20%ぐらい音が良くなったような気がします(笑)。これは帯域を5分割してコンプをかけるのですが、TC PowerCoreにはデフォルトでMaster X3というのがバンドルされていました。これは帯域を3分割するタイプですが、これでもとてもいい感じの効果を出していたのですが、別売のこの上位バージョン、Master X5はそれを遥かに上回る素晴らしさ。質のいいコンプというのは味をしめるとやたらと使いたくなる麻薬的な魅力があるものですが、やりすぎるとどうしても不自然な感じになってしまいます。しかし、このMaster X5はかなり大胆にかけてもナチュラルな音質を保ってくれるんですよね。それどころか、そこはかとなく上品な、柔らかくて気品さえ感じさせる音質になってくれます。これはいい買い物でした。

というわけで、音質には文句なしなんですが、それ以前に問題が…(^^;)。買って来たパッケージはなんと今時Mac OS 9オンリーのバージョン。なんとそのままではOS X環境では使えないのです。OS Xが出て既に5年、今時そんなソフトが売られているとは思いませんでした…(^^;)。で、OS X対応のバージョンをWebからダウンロードしなければならないのですが、その手続きや方法が煩雑で、何度も何度やり直し、サポートと5〜6回メールや電話でやり取りして3日ぐらいかかってやっと完全にインストール出来ました。いや〜、参った。いくら音が良くても、これじゃあ品質以前に商品として失格です。音質的には文句なしなだけに、このようなパッケージの不手際の問題で評価が下がるのは何とも残念。T.C. electronicさんは気を引き締めてもらいたいですね〜。

しかしながら今日はこのプラグインのおかげで仕事がずいぶんはかどりました。もうルンルン気分です(笑)。(←単純なヤツ(^^;)。)

« 私にとってオウムとは何だったのか | トップページ | Mac OS X "Tiger" ファースト・インプレッション »

音響ツール」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです(^^)

T.C. electronicという会社を初めて知りました。金子さんが絶賛されていらっしゃるので「Master X5」に興味を惹かれましたー。
コンプはフリーのプラグインしか使ったことがないのですが、頑張って一つ買ってみようかなぁ…何て思ってしまいました(笑)
アルバム製作頑張って下さい!

つるさん、こんにちは。

一つ注意して欲しいのはMaster X5はTC PowerCoreという拡張ハードウェア対応のプラグインだということです。まずハードを買わないと、ただソフトだけを買っても使えません。詳しくはメーカーのホームページを参照してください。

http://www.tcelectronic.co.jp/?Id=199ProductGroupId=20lProductId=286

あ!なるほど!
全然気付きませんでした。
もしTC PowerCoreシリーズを買うなら、 デスクトップのPCに代えてから、PCIに挿すTC PowerCore Elementなら予算的にギリギリかなぁとか思ったりしてます。(苦笑)Elementでも、後から購入すればMaster X5は使えるということですよね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42797242

この記事へのトラックバック一覧です: T.C. electronic Master X5:

« 私にとってオウムとは何だったのか | トップページ | Mac OS X "Tiger" ファースト・インプレッション »