PR

本日のつぶやき

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005年4月25日 (月)

T.C. electronic Master X5

18c53c558c4a2644b69ac7787aa16b40 TC PowerCore用のプラグイン・エフェクトMaster X5を購入しました。いわゆるマルチバンド・コンプレッサーです。現在、昨年から予告しつつもなかなか完成しないニューアルバムのリミックス&マスタリング作業をやっていますが、その仕上げに使うためです。

いや〜。これは素晴らしい!最終の2ミックスになった段階で通すのですが、ただ通すだけで20%ぐらい音が良くなったような気がします(笑)。これは帯域を5分割してコンプをかけるのですが、TC PowerCoreにはデフォルトでMaster X3というのがバンドルされていました。これは帯域を3分割するタイプですが、これでもとてもいい感じの効果を出していたのですが、別売のこの上位バージョン、Master X5はそれを遥かに上回る素晴らしさ。質のいいコンプというのは味をしめるとやたらと使いたくなる麻薬的な魅力があるものですが、やりすぎるとどうしても不自然な感じになってしまいます。しかし、このMaster X5はかなり大胆にかけてもナチュラルな音質を保ってくれるんですよね。それどころか、そこはかとなく上品な、柔らかくて気品さえ感じさせる音質になってくれます。これはいい買い物でした。

というわけで、音質には文句なしなんですが、それ以前に問題が…(^^;)。買って来たパッケージはなんと今時Mac OS 9オンリーのバージョン。なんとそのままではOS X環境では使えないのです。OS Xが出て既に5年、今時そんなソフトが売られているとは思いませんでした…(^^;)。で、OS X対応のバージョンをWebからダウンロードしなければならないのですが、その手続きや方法が煩雑で、何度も何度やり直し、サポートと5〜6回メールや電話でやり取りして3日ぐらいかかってやっと完全にインストール出来ました。いや〜、参った。いくら音が良くても、これじゃあ品質以前に商品として失格です。音質的には文句なしなだけに、このようなパッケージの不手際の問題で評価が下がるのは何とも残念。T.C. electronicさんは気を引き締めてもらいたいですね〜。

しかしながら今日はこのプラグインのおかげで仕事がずいぶんはかどりました。もうルンルン気分です(笑)。(←単純なヤツ(^^;)。)

2005年4月12日 (火)

私にとってオウムとは何だったのか

朝日新聞のサイトに興味深い書評をみつけました。元オウム真理教の幹部、早川紀代秀が綴った手記「私にとってオウムとは何だったのか」を取り上げたものです。その中に以下のような記述があります。

 たとえば麻原がポアの名目で肯定する殺人の論理は、あまりにも幼稚だ。一言でいうと、その人はほうっておくと悪業をなして地獄に落ちるから、その前に殺して救ってやる、というのだから。でも、こんな下らない論理に、ころりと騙されてしまう信者がいる。教団の肩書好きにも苦笑させられる。正悟師だの建設大臣だの。解脱なんて言葉が、ずいぶん安易に使われている。

 しかし、本当にオウムは私たちと違う人びとなのだろうか。ほうっておくと大量破壊兵器を使うかもしれないので、フセイン政権を潰して世界を救う、とブッシュは考えたが、どこが違う? 名刺に肩書をたくさん並べて誇らしげな人はどこにでもいる。血液型性格判断や占いを信じる人も多い。

 その意味で、オウムは世の中の縮図だ。オウムを問うことで、世の中が見えてくる。

「ほうっておくと大量破壊兵器を使うかもしれないので、フセイン政権を潰して世界を救う、とブッシュは考えたが、どこが違う?」という言葉が強烈です。多分、どこも違わないんでしょうね。その価値観を信じてる人が多いか、少ないか、自分は何を信じるかだけの違いでしょう。どちらも信じない私から見ると、どちらも同じぐらい「異様」に見えます。

でも「パパラギ」を書いたサモアの先住民の酋長、ツイアビから見れば現代の先進国文明の全てが異様で狂ってるように見えたでしょう。結局、全ての価値は相対的で、どこに自分の視点を置くかに過ぎない、ということなんでしょうね。で、自分の視点からみて相容れない価値観で生きている人は「異様」「狂ってる」ように見える、というだけのことでしょう。別の価値観から見れば「そう言うおまえの方が狂ってる」ということだってあるわけです。

自分もまた、どこかの誰かから見れば「狂ってる」んだ、ということを認識しておくことは、とても大切なことではないかと思います。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »