PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 表札が完成 | トップページ | ウォンさんのピアノソロ・コンサート »

2004年11月 4日 (木)

香田さんの死

イラクで武装勢力の人質となっていた香田証生さんが殺害され、無言の帰国をしました。とうとうこんなことになってしまったんですね。香田さんのお母さんが息子の無事の帰国を必死に訴えながらも、マスコミに「自衛隊の撤退を求めるか?」と聞かれると「それはちょっと…」と口ごもっていたという新聞の記事が印象に残っています。言いたいことは山ほどあったろうに、あいも変わらず香田さんの実家にバカヤローどもの嫌がらせの電話やメール、投書などが殺到したそうですね。これって太平洋戦争中に反戦を訴えた人へ「非国民」と非難が集中したのとどこが違うんだろう?これでみんな本当にいいと思ってるのか?ヤバすぎるよ、今の日本。

確かに香田さんの行動は軽率だったと思う。一説によると、彼はバックパッカーで諸国を放浪しており、春頃の日本人人質の騒ぎをほとんど知らなかったらしい、という話もある。それにしても、「殺されてもしかたない」ほどの罪を彼は犯したのか?「自己責任」という一言で、彼の命は見捨てられるほど軽いものなのか?犯行声明があった時、たとえポーズでも、即座に「自衛隊の撤退はしない」と小泉首相が断言しなければ、せめてもう少し時間が稼げたのではないか?日本がこのような国であることに、皆さんは納得出来ますか?

戦争が起こる時、必ずそれを正当化するために「自分たち(の国)は正しく、○○は悪である」と善悪二元論に立った大義名分が宣言されています。例えば「鬼畜米英」「リメンバー・パールハーバー」「悪の枢軸」等がその例ですね。今回のイラク戦争では「テロに屈しない」という言葉がそれです。「自分は絶対的な正義の立場に立っている」と確信する人間だけが罪悪感を感じることなく人殺し(戦争)が出来るのです。「テロは絶対悪で、絶対に許すべきでなく、話し合いにも応ずるべきでない。あくまで徹底抗戦すべし」…これがイラク戦争を正当化し、香田さんの死もやむなしと判断する人の論拠でしょう。しかし、テロリストの側だって、同じように「自分はアラーの神のもと、絶対的正義のために戦っている」と思っているのです。彼らの立場から見れば、アメリカこそ最大のテロ国家でしょう。だからこそ、罪悪感を感じることなく人質を殺すことが出来る。ですから、戦争とは常に正義と正義の戦いです。

誤解を恐れずに言えば「テロリストにはテロリストの正義がある」わけです。そしてどちらが本当の正義か、客観的に判断することなどは、誰にも出来ないのです。ただ、どっちの正義を「信じる」かだけの問題。だからこそ、たとえ相手がテロリストであっても、可能な限り話し合うべきだし、分り合おうとする努力をやめてはいけない、と私は思います。

P.S.アメリカ大統領選はブッシュの再選が決まりましたね。これでイラク情勢は現状維持が決定かな。残念…。

« 表札が完成 | トップページ | ウォンさんのピアノソロ・コンサート »

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42799124

この記事へのトラックバック一覧です: 香田さんの死:

« 表札が完成 | トップページ | ウォンさんのピアノソロ・コンサート »