PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« iTunes Music Storeの販売楽曲数、1億曲に達する | トップページ | 日本版iTunes Music Storeの可能性 »

2004年7月15日 (木)

布袋寅泰がiTunes Music Storeで突然の大ブレーク

ELECTRIC SAMURAI
 / Tomoyasu Hotei

To190658010011 音楽のネット配信が普及すると、音楽業界は根本からひっくり返るだろう、と何年も前から私は公言していますが、ここに来てエポック・メイキングな出来事が起こりました。日本ではビッグネームのロック・ミュージシャンだけど、世界的には無名な布袋寅泰のアルバム"Electric Samurai"がアメリカのiTunes Music Storeで発売され、ダウンロードチャートで総合17位、ロックアルバムでは6位に入る快挙を達成したのです。(iTunesをお持ちの方は、ミュージックストアで"hotei"で検索すればすぐ出てきます。

「ヤフー エンターテインメントニュース」より
>布袋の新アルバム「ELECTRIC SAMURAI」がランクインしたの
>は、米パソコン大手アップルコンピュータのインターネット音楽配信サービス
>「iTunes」のダウンロードチャート。音楽配信に革命的な変化をもたら
>し、世界の有料音楽配信サービスでシェア70%と圧倒的な市場占有率を誇る
>超人気サービスでのヒットチャートだけに、いまやCDチャートに匹敵するほ
>ど注目されている。
>
>「ELECTRIC…」はすべてのジャンルを含めた総合チャートで今月9日
>に初めて20位に入り、その後もベスト20を維持。最新の13日付でも17位に
>入った。ロックアルバム部門では最高6位を記録。ビルボードチャートで初登
>場1位を獲得したベルベット・リボルバー、グラミー賞歌手ノラ・ジョーン
>ズ、日本でも人気のアヴリル・ラヴィーンらと堂々競いあっている。

このアルバムは大ヒット映画「キル・ビル」のテーマ曲を含んでおり、それで布袋に白羽の矢が立ったと思われますが、特筆すべきはこのアルバムはアメリカでは過去全く未発売で、布袋自身アメリカでは何の実績もなかったにも関わらず、iTunes Music Storeで発売されるや、突然大ブレークしたと言うこと。ヒット映画の力を借りたとは言え、これは画期的な出来事と言えるでしょう。CDによる音楽流通ではちょっと考えられない現象です。

普通どんなミュージシャンでもヒットさせるには地道なプロモーション活動、膨大な宣伝費の投入が不可欠で、こんな風に突然ブレークするというのはちょっと考えられません。だから誰もが期待する宇多田ヒカルなんかはすごく慎重に、かつ大々的に、鳴り物入りで全米進出を進めてますよね。でも、それより前に布袋寅泰があっさりブレークするなんて、誰が予想したでしょう?

しかし、ネット配信ならばこういうとんでもないことが起こりうるんです。なぜかと言うとCDを流通させるのはいちいち物理的な障害があり、まずはショップにCDを仕入れさせるまでが大変(無名だとまずこの時点で切り捨てられる)、仕入れてもらってもそのCDをいかに目立つように展示するか、試聴機に入れてもらえるかどうか…それぞれに激しい競争があり、狭き門なのです。場合によっては、ショップにリベートを払えるだけの資金力がなければそれまで、ということもあり得ます。こういうことがあるので、メジャーレーベルの資金力、宣伝力、販売力がモノを言うのです。この点はインディーズではどう頑張っても太刀打ち出来ません。

しかしネット配信ならば、メジャーであろうがインディーズであろうが、実績のあるビッグネームであろうが、無名の新人であろうが、とにかく発売されれば平等なスタートラインに立つことが出来るのです。iTMSの場合は30秒限定ですが、全ての曲を簡単に試聴することも出来ます。つまり、派手なプロモーション力や資金力がなくても、より純粋に「音楽の内容」で勝負出来るということです。

そういう可能性に私は早くから気付いていたので、ネット配信、特に初めて本格的に普及したAppleのiTunes Music Storeに注目していたのですが、布袋氏に先を越されてしまいましたね(笑)。いや、マジな話、同世代のミュージシャンとして、誇りに思いますよ。本当によくぞやってくれたと思います。最初の突破口をあけてくれたんですからね。グレート!

« iTunes Music Storeの販売楽曲数、1億曲に達する | トップページ | 日本版iTunes Music Storeの可能性 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

視聴は出来るんですね・・・
布袋さんの曲、聴いてきました。

日本で初めてiTMSでブレークしたニューエイジ系インディーズミュージシャン」として彼のあとに続かなくちゃね。

ブレーク・・・わくわくしますね(*^^*)
shiryuの名前が載る日を待ってます!!

頑張りま〜す。
「元気があれば何でも出来る!!」(by アントニオ猪木)

もう2年も前ですが、子龍だってMP3.comのニューエイジチャートでブレークしたことがありました


ですよねえ!!
チャンスあれば!!ですよね

e(▼。▼)9_ファイト!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42799100

この記事へのトラックバック一覧です: 布袋寅泰がiTunes Music Storeで突然の大ブレーク:

« iTunes Music Storeの販売楽曲数、1億曲に達する | トップページ | 日本版iTunes Music Storeの可能性 »