PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 「身内」と「他人」の境界線 | トップページ | 虐待事件について »

2004年4月27日 (火)

米軍が毒ガス兵器を用意!?

私がコスタリカに行っている間に残っていた2人の人質も解放され、一安心というところですが、日本人の人質が解放されたとは言っても、イラクの情勢が好転したわけではありません。

まりる氏のblogにはファルージャの悲惨な状況を伝える情報が届いています。

ファルージャに毒ガス兵器の用意
医者たちが証言するファルージャの事態
イラクは新型兵器の実験場

こうした米軍の実態が日本のマスコミでもほとんど報道されないのはどういうわけなのでしょう?アメリカにべったりの日本政府から圧力がかかってるのでしょうか?何らかの情報操作がされているとしか思えない状況です。

御自分のホームページやblogをお持ちの方は、こうした記事にリンクやトラックバックなどを使って出来るだけ多くの人に伝えてください。マスコミや政府が当てにならないなら、私たち市民レベルでインターネットを活用して伝えて行くしかありません。

また、人質になっていた人たちに対してのバッシングもかなりひどいようですね。確かに彼らは無謀な面があったと思います。解放直後に「イラクにこのまま残りたい」といった発言もあったようですので、それについては「なにを言ってるんだ、冗談じゃない!」と言いたくなる気持ちも分ります。しかし、彼らがやって来た行為自体は非常に素晴らしいことです。自分が彼らのように他人の幸せのために自分をなげうって尽くせるかと言うと、私にもあそこまではとても無理です。その点では、彼らは日本人の代表として誇るべき人材であると言えるはず。それを自宅でテレビや新聞を見てるだけ、あとは自分自身の生活の糧のために働いてるだけの人間がどうして批判出来るでしょう?

前も言いましたが、そもそも軍隊さえ撤退すれば、民間レベルでの支援はいくらでも出来るはずなんです。日本が自衛隊を派遣している限り、前記の記事のような実態の米軍を「後方支援」することになってしまうのです。「自衛隊は撤退すべきでない」として現政府を支持するなら、日本国民はこういうことをやっている米軍を支持していることになってしまいます。それで本当にいいのでしょうか?

衆院の3選挙区で25日投開票された統一補欠選挙は自民党の圧勝だそうです。ということは、これだけ見ると日本国民は現政権の政策を支持していることになってしまいます。ですが、投票率は30%台。実際の国民の総意とはほど遠いのです。それでいて例えば公明党支持者の投票率は90%を越えているんだそうです。そして現在自民党と連立政権を組んでいる公明党の支持者は、みんな自民党に投票します。かくして、現政権が圧倒的な支持を得ているかのような「既成事実」がでっち上げられるというわけです。

以前に「投票率が低いということは結果的に現政権に有利に働く」ということを言いましたが、まさに今回の補選でそのことがもろに現れています。「どうせ自分一人じゃ何も変わらない」と無党派層が選挙を棄権してしまうことは、組織力、組織票に強い現政権の政策を支持することとほとんど同じなのです。これで現在の政治を批判したり、失望したりしながら選挙を棄権することがいかに愚かなことか、分っていただけるんじゃないでしょうか。一人一人の一票、一人一人の意見が、結局は日本の政治を動かし、世界を動かすことになるのです。

この7月には参議院選挙が行われますが、もし現政権の政策が納得いかないのであれば、反対票を投ずることが政治を良くすることに確実に繋がるのだ、ということを有権者の皆さんにどうかご理解いただきたいと思います。毒ガス兵器を使いかねない米軍を支持する現政権が、日本の舵取りをしていて本当にいいのでしょうか?

P.S.ちなみにコスタリカはスイスなどと同じく軍隊を持たない永世中立国で、政治的に不安定な国が多い中米の中で、例外的に平和で安全な国です。また自然保護に力を入れる環境先進国でもありますが、こうした点で日本は学ぶべき点があると思いましたね。

« 「身内」と「他人」の境界線 | トップページ | 虐待事件について »

時事」カテゴリの記事

コメント

本当に 日本て、価値観がおかしくなっているのかなあという気がします。
立場とか、お金とか・・・政治ネタでの間違いがありすぎるのだと思うのですが・・・
それで 最後に困るのは自分達じゃなくって、未来の 我々の子孫達なのだという事を、「今の自分の生活で手一杯で考えれない」と言って済ましていい問題じゃないと思うのだけどな・・・

アメリカではこんな話もあったそうです。

ブッシュ風刺画で米の高校生を聴取 「過剰反応」と波紋
http://www.asahi.com/international/update/0429/007.html

アメリカは自由の国ではないのでしょうか?言論の自由はどこに行ったのでしょう?
この高校生に学校は「罰を与えた」とありますが、なにを根拠に?
政治を批判してはいけないという校則でもあるんでしょうかね?

日本ではこんなバカなことを言ってる政治家もいます。

自民・柏村議員「人質に反日的分子」、野党「不穏当」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2004042600000416yompol

時の政権を批判したら「反日的分子」?これって戦時中に「戦争反対」
を主張して「非国民」と言われたのとどこが違うんでしょうね?恐ろしいことです。

歴史が証明している過ちを繰り返してはいけないと思います。

ピックアップありがと〜♪
ゆずりんの言うとおり、反対票を入れるという方法をもっとみんなに
知って欲しいし実践してほしいね。
日本はクラスター爆弾を大量に
持っている国、アメリカの後追いを
本気でやっているのですから
このまま放置したら確実に
「アメリカの話」は明日の
「日本の話」になるでしょう。
民主主義のフリした軍国に。
今はもはや戦前ですらない、戦中ですもんね。

日本というのはこうも主体性がない国だったのか、とがっかりですよ。

私は左翼思想になんて全く興味がなかった人間ですが、今回ばかりは共産党や社民党を
応援したくなってきました(^^;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42799086

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍が毒ガス兵器を用意!?:

« 「身内」と「他人」の境界線 | トップページ | 虐待事件について »