PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« イオ/新津章夫…後日談 | トップページ | 米電力5社、CO2排出規制導入を支持 »

2004年2月20日 (金)

Cinema Display 20インチ購入

Apple純正のCinema Display 20インチを購入しました。いや〜、画面が広いっていいですね。

Mac本体はどうしても処理速度上の必要性から2〜3年に一度は買い替えてますが、ディスプレイはこの10年同じものを使ってきました。EIZOの21インチのCRTディスプレイです。さすがに10年も使うと色あせた感じがしてきてましたが、それでもグラフィックの仕事をやってるわけではないので、あまり気にしていませんでした。

しかし、MacがG5になって、動画表示用のグラフィックボードとオーディオインターフェイスに相性問題が発生。そのボードを使わずに済ませるためにはメインのディスプレイを買い替えるのがてっとり早いという結論になり、Cinema Displayを購入することになりました。

一昔前は液晶は色が正確でない、コントラストが甘いなどといわれていましたが、今や隔世の感がありますね。最近は新機種のCRTディスプレイにはほとんどお目にかからなくなりましたが、どう見ても液晶のCinema Displayの方が解像度も高く、色も鮮やか、DVDなどを表示させてもCRTのテレビなどよりも格段に美しい。思わず何枚かDVDを再生してみて「おお〜」とか唸ってしまいました。もちろん画面が広くなったので、仕事も快適。

面白いのはこのディスプレイには輝度調節以外、一切の画質調整機能がないこと。Mac本体と完全デジタル接続なので、輝度以外は自動的に完璧な調整がなされるのだとか。電源も映像信号も1本のケーブルでMac本体から供給されるので、電源コードすらない。この辺のシンプルな潔さは、さすがにApple純正ですな。

しかし、こうなるとテレビも大画面の液晶かプラズマが欲しくなるな〜(^^;)。

« イオ/新津章夫…後日談 | トップページ | 米電力5社、CO2排出規制導入を支持 »

Apple」カテゴリの記事

コメント

ウチのVAIOの液晶ディスプレイもそうですよ〜♪:笑 CRTディスプレイ世代の私は、初めて見たとき革命的だと思いました。やっぱりケーブル一本で、音量と輝度以外いじれるところはありません。
しかも、キーボードとマウスとUSB一カ所がつなげるようになっているので、PCから余分な配線はほとんど必要ないことになります。本体を机下部に置いても一杯コードを後ろに這わせなくても済むってコトですね。
(と言っても、私はそのUSBにFDドライブをつけていて、タブレットとプリンタと無線LANの受信機を本体USBからとってますけど:笑)
良い時代です:笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42799077

この記事へのトラックバック一覧です: Cinema Display 20インチ購入:

« イオ/新津章夫…後日談 | トップページ | 米電力5社、CO2排出規制導入を支持 »