PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

« パソコンの未来 | トップページ | 家作りは楽しい »

2003年7月28日 (月)

新築マンションの恐怖

最近マンションを購入しようと思い、色々と情報収集しています。現在は防音対策のため、わざと事務所向けの物件を借り、そこを仕事場兼住居にしているのですが、一人暮らしとはいえ、事務所で日常生活を送るのはなかなかシンドイものがあります(^^;)。そこで仕事部屋は自前で防音工事をするとして、住居用の分譲マンションを探し始めました。新築マンションの物件もいくつか見に行きましたが、なかなかこれだ、と思えるものがありません。ま、慌てる必要もないので、じっくり探すつもりですが。

ところで、マンション購入関係のサイトを色々検索しているうちに、こんな恐ろしい話に出くわしました。3年前に新築マンションを買ってシックハウス症候群になってしまったという方の体験談です。「悪夢のスィート・ホーム」 と題されたこのサイトには著者の主婦であるJennyさんがマンションを購入してからシックハウス症候群となり、デベロッパーの会社との補償問題の交渉の経緯が詳細に語られています。Jennyさんご夫妻は全身に湿疹が出来るなど、様々なアレルギー症状に悩まされ、旦那様は体調を崩して失業までしてしまいました。しまいにはどうにもそのマンションでは生活出来なくなり、ローンを払い続けているにもかかわらず引っ越してしまったそうです。その後も我慢してシックハウス・マンションにとどまっていたのがたたり、「化学物質過敏症」という病気になってしまって満足に日常生活が送れないほどに状態は悪化してしまったそうです。本当にお気の毒です。

シックハウス症候群は数年前にかなりマスコミで騒がれ、問題になりましたが、わずか3年前に建てられたマンションでもまだこんなひどい問題が起きていたとは…。しかも名前を聞けば誰もが知ってる大手デベロッパーが作ったマンションですよ。ひどいことにそのマンションが売り出されたとき、デベロッパーの営業マンは「このマンションはシックハウス対策が施された安全な物件です」と売り込んでいたのだそうです!しかも問題が明らかになっても、デベロッパーはろくに話し合おうともしない、話し合っても言い逃れ、責任逃れ、有害物質の測定結果をあいまいにごまかそうとする…最後には「あなた方だけは補償するから、ホームページで情報公開するのをやめてくれ」なんて事を言い出す始末。住宅のプロとしての責任感のかけらもないんでしょうか?全くひどい話です。

読んで思ったのは、自己防衛しない限り、この国で安全で健康な生活など、もはや出来ないのだということ。これも一種の環境問題ですね。これから家を買おうと思ってる方は是非ご一読されることをお薦めします。例えば専門家が新築マンションの内覧会などに同行し、チェックしてくれるサービスなども存在しますので、こうしたものを利用するのも一つの手ですね。家を買うのはほとんどの人にとって一生に一度の大きな買い物でしょう。それでこんな悲惨な結果を招かないよう、気を付けたいものです。

« パソコンの未来 | トップページ | 家作りは楽しい »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42799064

この記事へのトラックバック一覧です: 新築マンションの恐怖:

« パソコンの未来 | トップページ | 家作りは楽しい »