PR

本日のつぶやき

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ

トップページ | RSSとフィードリーダーについて »

2003年6月17日 (火)

Led Zeppelin DVD & CD "How The West Was Won"

なんと、30年前後昔のライブ映像と音を発掘し、Led ZeppelinのDVDとCDが出た という。'70年代のブリティッシュロックを聴いて青春時代を送った私としては、これは見逃すわけにはいかない(^^;)!…いやあ、生きてて良かったって感じですよ(笑)。

Led Zeppelin DVD
ワーナーミュージックジャパン
WPBR90188

653 よくもまあ、そんな昔の未発表?映像&録音をかき集めて、これだけの作品にまとめたものだ。多分DVDの映像は、1フレームずつデジタル処理で画質を整えるためのレンダリングしてると思います。編集は何気ないけど、すごい先端映像処理技術のカタマリだと思いますよ、この作品(^^;)。もちろん、音もめちゃめちゃ綿密にリマスターしてますね。30年の歳月が信じられないほどいい音です。なんせ、ジミー・ペイジの最新インタビューによると、全くシンクロしてない映像とマルチテープを、「この画はきっと○○を演奏してるんだろ、じゃあこのテープのこのテイクじゃねえか?」ってひとつひとつ当てずっぽうで探していったらしいのですから…(笑)。いやはやご苦労なことです(^^;)。

DVDは年代順にライブを収録しています。最初のロイヤルアルバートホールの映像は1970年ですから、セカンドアルバムが出た直後ですね。と言うことはこのボンゾ (ジョン・ボーナム)のドラムソロをフィーチャーした曲"Moby Dick"が出来たばかりの頃だから、勢いはすごいですが、さすがに完成度はまだ今ひとつかなという感じもあります。全体的な演奏レベルとしては、同時発売のCDの'72年のLAでのテイクの方がさらに一回りすごくなってますよ。この映像でのコンガがある位置には後年ティンパニーが配置され、ティンパニーソロに置き換えられてます。'73年の演奏である映画「永遠の詩」でそれを見ることが出来ます。

あとびっくりしたのは2曲目の"I Can?'t Quit You Baby"のテイクが解散後の'82年に発売された未発表曲集アルバム「コーダ」のものと全く一緒だったこと。「コーダ」のテイクは「ロイヤルアルバートホールのリハーサルテイク」というのが定説だったけど、ちゃんと本番の演奏だったんだ…。全体的にこのロイヤルアルバートホールの演奏はジミー・ペイジのギターのすばらしさが印象に残りました。海賊版も含め、私が知ってる限りのZepのライブ全ての中で、ペイジの演奏に関してはこれが最高なんじゃないだろうか?なんか、オソロシイほどに切れがよく、オーラが出てる感じです。誰だ、ジミー・ペイジのギターは「ヘタウマ」だなんて言ったのは(^^;)。

CDと唯一だぶってるのがDISC2の一曲目の"Immigrant Song"。'72年のLAでのライブです。これは映像がないから無理に他の演奏から持ってきて編集でごまかしてる(笑)。でも、演奏のテンションはすごいです。CDの方はこのテンションのままCD三枚分突っ走ってます。アンサンブルとしての完成度の高さは、このときの演奏が最高かも。ちなみに最初はDVDの音声を再編集してCDにすればいいじゃないか、という話が出てたそうですが、この'72年のLAのライブの音を聴いて、ペイジはCDの音源はこれで行こうと決めたそうです。残念ながらこの時の映像は存在しないので、ごまかしで作ったこの"Immigrant Song"以外DVDには収録されていないのですが、とにかく演奏の完成度はすごいです。音質も「なんでこれが今までオクラだったんだ?」と思えるほど良いです。

Led Zeppelin / How The West Was Won
ワーナーミュージックジャパン
WPCR11585

358 その後は映画「永遠の詩」で」おなじみの'73年のマジソン・スクェア・ガーデン。これは3曲目の"Since I've been Loving You"が素晴らしい。映画にも入ってたけど、演奏がずたずたに編集されててちょっと興ざめなところがありました。でも、これは映像も音も完璧。私がZepの中で特に好きな曲の一つなので、これは嬉しかった…。ここまで良くなるなら、映画も全部リメイクして「永遠の詩 (完全版)」を出して欲しいぞ(^^;)。

その次の'75年のアールズ・コートはアコースティック・ナンバーがいいですね。こういう曲のライブ映像はこれが唯一でしょう。後の「アンプラグド」を彷彿させますね。でも、"Stairway to Heaven"は映画の'73年のマジソン・スクェア・ガーデンの方が出来がいいかな…。

さて、最後の'79年ネブワースですが、これはちょっと複雑。後期の傑作"Achilles Last Stand"や"Kashmir"のライブが見れるのは貴重だけど、明らかにジミー・ペイジの演奏レベルが落ちている…。一説によると'70年代末期頃からペイジはドラッグで体をむしばまれ、それで「ヘタウマ」の汚名を着せられることになったのだとか…。そう言えば、この直前に出た実質的なラストアルバム"In Through The Outdoor"でもペイジは全く精彩を欠いていて、代わりにジョン・ポール・ジョーンズのキーボードが大フィーチャーされてるんですよね。この後ジョン・ボーナムの事故死によりZepは解散してしまうわけですが、解散後の'80年代に時折見せたペイジのほとんど再起不能なんじゃないかと思えるぐらいのひどいライブ・パフォーマンスを思うと、ボンゾが健在でもツェッペリンはあそこで終わっていたかもしれない、という気もします。

パソコン・スマホを使った気軽な在宅ワークで、空き時間を活用して副収入!

トップページ | RSSとフィードリーダーについて »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186726/42799060

この記事へのトラックバック一覧です: Led Zeppelin DVD & CD "How The West Was Won":

トップページ | RSSとフィードリーダーについて »